名城ビーチのソニー坊や映像発見!

島ぜんぶでおーきな祭(沖縄国際映画祭)の沖縄ヒストリカルムービー「デジタルで甦る8ミリの沖縄」で上映された8ミリ映像内に、”ソーニー坊や”の姿が発見されました。

映像を上映中にソニー坊やに気が付いた、構成・進行を務めるシネマラボ突貫小僧の當間早志が「ああっ」っと声を上げ、一時騒然とする発見の瞬間となり、会場は一気に盛り上がりました。さすが「ロケ地小五郎」の異名をとるだけはあります。

 

▲左上に映っているのが名城ビーチのソニー坊や

ソニー坊やは沖縄のソニーの代理店であった電波堂の創業者が、交通安全を喚起する意味も込めて、県内のあちこちにに建てたコンクリートの像。当時のソニーのキャラクターでもあったようです。街角にたたずむ愛らしい姿が郷愁を誘い、今も根強いファンがいます。


» ソニー坊やの謎に迫る | 沖縄B級ポータル DEEokinawa

映像はすでに本アーカイブでも公開済みの「おめでた10ヶ月 名城ビーチ」という映像で、これまでなかなか気が付きませんでした。というのも背後にちょろっと見えるだけなのと、ネットにアップした映像の左上には普段はロゴマークが重ねられていて見えにくかったと言うのもあります。そこで新たにこのカットだけロゴマークをずらして再アップいたしましたので、どうぞ動画でもご確認ください。

» 【FILMS】おめでた10ヶ月 名城ビーチ

ソニー坊やの映像はそれほど見つかっていませんが、電波動がスポンサーになっていたカブスカウトの活動記録に、キャラクターが描かれたTシャツと、ハリボテの頭が映されています。

» 【FILMS】沖縄カブスカウト サーカス1967

公開後に、様々な発見が出てくるのが、アーカイブの意義でもあるなと、つくづく思う出来事でした。

(文:真喜屋力)

1 Trackback / Pingback

  1. 映像に残る沖縄ソニー坊や | 紀々ねぇさんの「あんすぐとぅ」ブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*