【FILMS】九州のアマチュア展へ送る

これまでも何度か紹介してきた「ぴょぴょ会」関連の映像ですが、一般的な出港風景の記録として見ることができる映像です。時代は1968年(昭和43年)。

N0. 0110-03
撮影者 : 遠藤保雄 (Yasuo Endo)
タイトル:九州のアマチュア展へ送る

本編時間: 3m55s
主なロケ地 : 那覇港 (沖縄県那覇市)
撮影時期 : 1968年8月4日
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : Aerial Image

 

ぴょぴょ会は戦後の沖縄の美術界を支えたニシムイ芸術家村の中で生れた若手のグループで、これまでも何本か関連映像を紹介してきました。

» 【FILMS】「ぴょぴょ会の想い出 | 沖縄アーカイブ研究所

» 【FILMS】塩屋にて(ぴょぴょ会の想いで) | 沖縄アーカイブ研究所

» 【FILMS】ぴよぴよ会有志による八重山紀行 | 沖縄アーカイブ研究所

» 【FILMS】海岸にて | 沖縄アーカイブ研究所

 

本フィルムはタイトルにある通り、絵画の九州アマチュア展にメンバーを送りだす風景を記録したもの。場所はお馴染の那覇港です。

沖縄県立美術館支援会happが出版した雑誌(詳細な掲載号は失念)に、「ぴょぴょ会座談会」なる6ページにわたる記事があるが、その中で「熊本朝日新聞社主催の全九州アマチュア展にもよくぴょぴょ会から出していて、賞ももらっていたよ」とあることから、本フィルムでいう「九州のアマチュア展」とはそれなのではないかと思われる。当時の図録などの資料があれば、調べることができるのではないだろうか。

ちなみに見送りをしているのは撮影者の遠藤保雄さんと、ぴょぴょ会の会長を勤めたこともある(撮影時の役職は不明)水田虎雄さんである。

(文:真喜屋力)

 

▲見送りをする水田虎雄さん。

 

▲アップになる人々。「ぴょぴょ会」メンバーであろうか?

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*