【FILMS】沖縄三越 屋上遊園地へ

沖縄三越の屋上にあった遊園地の映像第二弾です。新たな遊具と周辺の建物なども映り込んでいます。

N0. 1521-02
撮影者 : 新島義龍 (Yoshitatsu Niijima)
タイトル:沖縄三越 屋上遊園地へ

本編時間: 40s
主なロケ地 : 沖縄三越屋上 (沖縄県那覇市牧志)
撮影時期 : 1970年前後
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : Frame by Frame
*********************************
主なロケ地表示(Google Map表示)
旧 沖縄三越

以前紹介したフィルムよりは、少し古い時代のもののようで、遊具なども新しめの感じがします。

» 【FILMS】沖縄三越の屋上遊園地(1975) | 沖縄アーカイブ研究所

フィルムの冒頭は、自宅で勉強をしている女の子が映ります。気になるのは背後にあるカレンダー。「月」が映っていれば、曜日と照らし合わせて撮影年がわかったりするのですが、ギリギリで見ることができないのが残念。

その宿題のご褒美なのか、唐突に画面は三越屋上のモノレールの映像になります。空はほぼ快晴です。奥に見えるのは泊港北岸の丘から泊、上之屋方面が見えています。また下の画像のモノレールの下に見える赤い屋根の料金所のようなボックスは、以前のフィルムにも映っています。

 

▲左奥は泊港北岸の丘と思われます。

屋上遊園地の外周はモノレールが走り、中には定番「コーヒーカップ」があり、その左側にはもう一つ円く囲まれた遊具があることがわかります。これはもう一本のフィルムに映っている遊具でしょう。その二つの大型遊具の向こう側(モノレールの下)に、一人乗りの小さな遊具(ワンコイン式)が数台置かれているのがわかります。

 

▲コーヒーカップ。左上にはもう一台の大型遊具のスペースと、上のほうに小型の遊具が見える。

またコーヒーカップの奥に、屋上から見下ろした風景も映り込んでいます。位置関係から、沖映本館の側面であろうと思われます。

沖映本館は反対側の沖映通りからの映像は多数ありますが、このアングルの画像はあまり残っていないのではないでしょうか。

(文:真喜屋力)

 

▲コーヒーカップの奥に見えるのは沖映本館と思われます。(拡大画像)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*