【FILMS】奥武山 沖宮から漫湖

奥武山の沖宮(おきのぐう)から眺めた漫湖の風景。二つのベニヤ工場と、なつかしのパイプライン橋が映っています。

N0. 1498-03
撮影者 : 山里景吉 (Keikichi Yamazato)
タイトル:奥武山 沖宮から漫湖

撮影メディア : 8mm Film/B&W
本編時間: 1m25s
撮影時期 : 1960年代
主なロケ地 : 琉球八社 沖宮 (沖縄県那覇市奥武山町)
スキャン方式 : Frame by Frame
*********************************
主なロケ地表示(Google Map表示)
琉球八社 沖宮

沖宮は琉球八社の一つに数えられる由緒ある神社。那覇市の奥武山運動公園の中の丘の上にあります。沖縄県内では大きな神社ですが、神社本庁には属さないというのも興味深いところです。

» 沖宮 | 公式サイト

 

撮影は1960年代の後半だと思われます。神社周辺のどの辺をとったのかわからないのですが、参道ではなく、ちょっとそれた山道のような場所を移動して、眺めの良いところを捜していたようです。

▲[画像1] 沖宮の山道を進む。
最初に映し出される遠景は漫湖の川上側の映像です(画像2)。左側が那覇市、右側の丘陵が豊見城城址公園の辺りでしょうか。中央に沖縄プライウッド社(ベニヤ板)の工場と煙突が見えています。

沖縄プライウッド社といえば、労働争議で煙突スト(煙突上でストライキ)をしたことで有名です。

» 煙突スト | 那覇市歴史博物館

 

▲[画像2] 沖宮から川上を見る。

次に映る遠景(画像3)は沖宮から海側の方向を見た映像です。こちらの煙突は国場ベニヤ工場。手前にかかっている橋は燃料を輸送するパイプラインですが、パイプの上に板がはられており、人間が渡ることができるようになっていました。

» パイプラインの通学路 | 那覇市歴史博物館

 

▲[画像3] 沖宮から海側。沖縄の工場。手前の橋はパイプライン。

下の地図は沖縄グラビア社が復帰前に出版した「那覇市全図」の一部を若干加工したものですが、時代的にはほぼ同じものです。沖宮や奥武山は地図に描かれていませんが、だいたいの位置関係はこんな感じという参考までに。

(文:真喜屋力)

 

▲地図1 復帰前の地図(「那覇市全図」 沖縄グラビア社刊)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*