【FILMS】ビーチパーティー

“時計士協会”のピクニックの映像です。バス二台に分乗しておこなうビーチパーティーのようす。

N0. 0526-01
撮影者 : 大城隆盛 (Ryusei Oshiro)
タイトル:ビーチパーティー

撮影メディア : 8mm Film/Color
本編時間: 6m43s
撮影時期 : 1970年代
主なロケ地 : ビ-チ (沖縄県)
スキャン方式 : Frame by Frame
*********************************
主なロケ地表示(Google Map表示)
那覇市立那覇商業高校

 

バス二台が待ち受ける集合ポイント。道の雰囲気からすると、那覇商業高校の前辺りではないでしょうか。奥に見えるのは、沖縄タイムス社のある久茂地交叉点。

またバスが発進する時にマネング住宅(現 福州園)の土手らしきものもチラリと見えます。

▲集合場所で待っているバス。左側は那覇商業高校ではないか?

 

▲右奥の土手はマネング住宅(現 福州園)か?

 

▲この建物はどの辺だろうか?

 

そして海岸に着くと貸し切りバス二台分のメンバーによるビーチパーティーのスタート。

▲ビーチパーティー。オキコのレーズンパイなど、箱買い。

 

どこの海岸かはハッキリしないのですが、遠くの風景に高い山が見えないので、中南部の様に見えます。

 

70年代の映像を見ると、会社や自治会で、複数家族が参加するこのようなビーチパーティーはよくでてきます。その際に行われるのが、全員参加のレクリエーション。いろいろな抽選会や、徒競走、のど自慢等、いろいろ行われていますが、このメガホンのようなもので視界を狭めて玉を蹴って競走するゲームもよく見る光景です。スイカ割りのように、ギャラリーが声をかけるので盛り上るのかも知れません。

こういったレクリエーションの流行も追ってみるとおもしろいと思います。

(文:真喜屋力)

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*