【FILMS】社内ピクニック いんぶビーチ

復帰直前の夏。社内のビーチパーティー。目的は恩納村いんぶビーチです。

No. 1868-00
タイトル:社内ピクニック いんぶビーチ
撮影者:山里景吉(Keikichi Yamazato)

撮影メディア : 8mm Film/Color/18fps
本編時間: 9m58s
撮影時期 : 1970年6月12日
主なロケ地 : インブビーチ (沖縄県恩納村名嘉真)
スキャン: Frame by Frame
*********************************
主なロケ地表示(Google Map表示)
沖縄県恩納村

泊港ターミナルビルの横にあった那覇港湾のビーチパーティー。会社の前に集合して出かけるところからスタートします。

▲那覇市前島三丁目にある会社の駐車場から。

おもしろいのは移動手段がバスではなく会社の幌付きトラック。社員は荷台に座って一時間くらいは揺られていきます。今に比べ道路も良くない時代ですから、かなり乗り心地は悪かったことでしょう。こういった非日常が楽しい思い出にもなったりします。しかし、今の道路交通法ではアウトですよね。復帰前の米軍統治下の沖縄らしい風景です。

▲バスではなく会社の幌付きトラックの荷台で移動。

ビーチ施設内にはいろいろな建物がありますが、そこに描かれた広告などを見るのも楽しいものです。ブルーシールやコカコーラも今とデザインがかわっていますし。無くなったベストソーダの広告など懐かしく見られます。

▲インブビーチにトラックが到着したところ。
▲
アーチの上に描かれたベストソーダの広告。

インブビーチの外側、表通り(現 国道58号線)沿いに建てられた看板。他のフィルムにも映っています。

看板は「ゲームセンター」を強調しています。当時のゲームセンターには、現在のようなビデオゲームはありませんから、射的とかピンボール、パチンコ、スマートボールなどのゲームがあったのでしょうか。

▲インブビーチの特徴的な看板。

到着してすぐにレクリエーションタイム。みんなで球技に興じる者、一人でスケッチブックを広げる者、食事の準備をする者と、わりとかって気ままにのんびりしたビーチパーティーです。

▲片手に清涼飲料水。片手にお弁当。

海底観光船(グラスボート)も、あちこちのビーチ施設にはありました。インブビーチの船は「100万$号」という景気の良い名前がついていたようです。以後、洗浄からのぞき込んだ海底の映像記録されています。

(文:真喜屋力)

 

▲「海底観光船」とはグラスボート。景気の良い名前の船に乗って海底散策に。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*