【FILMS】皇太子来沖と海洋博

1975年7月20日にスタートした沖縄国際海洋博覧会の開会式のため、皇太子(現在の上皇)が戦後初めて来沖しました。

N0. 0507-09
撮影者 : 花城清一 (Seiichi Hanashiro)
タイトル:皇太子来沖と海洋博

本編時間: 3m15s
主なロケ地 : 那覇空港 (沖縄県)
撮影時期 : 1975年
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : Frame by Frame

 

撮影したのは沖縄タイムスで運転手の仕事をしていた花城さん。華やいだ海洋博会場とは別に、物々しい警備の雰囲気や、プレスルームの様子を伝えています。

冒頭は伊江島が映っているので海洋博会場近辺。マスコミ関係者の撮影者は、まずは海洋博のプレスルームにいたのではないでしょうか。

そこから一路空港へ。既に日の丸の小旗をもった人々が大勢推しかけています。停止線の内側に入り込んでいるところなど、やはりマスコミ関係者の強みですね。

そして到着する全日空の飛行機。こちらのカラーリングや、ロゴなどもちょっとなつかしいところです。

 

▲那覇空港に集まり日の丸の旗を振る沖縄の人々。

 

▲全日空(ANA)の飛行機・ダ・ビンチの飛行装置が描かれたロゴが懐かしい。

 

飛行機のタラップから降りてくる皇太子夫妻を、かなり正面に近いところから捉えています。このあと、ひめゆりの塔で火炎瓶を投げらるという事件が起ります。

 

▲戦後初めて皇族が沖縄の地を踏んだ歴史的な瞬間。

 

ものものしいパレードの様子が少し映されていて、下の写真のような黒塗りの警察車両など、重厚な警備を感じさせます。

 

▲黒い白バイはやはりこういうパレードのためなのでしょうか?

 

最後にカメラは再び海洋博の会場へ。海洋博のロゴマークが大きくプリントされた船が写ります。煙突にあるIEマークからすると、伊江島航路の船かと思われますが、情報不足でハッキリはしません。ご存知の方いたらお知らせください。

▲おそらく伊江島航路の船。海洋博ロゴが大きくプリントされている。

 

最後に映し出されるコンクリートの建物は、海洋博のプレスセンター。窓には各部屋ごとに新聞社のマーク。カメラは沖縄タイムスの旗のある窓に向かってズームアップ。

 

▲プレスルームの窓に貼られた新聞社の旗。

 

繋がりから言うと、続いて映し出される部屋は沖縄タイムス社のプレスルームなのでしょう。家具などを見ると、やはり急ごしらえな感じがわかります。当時の沖縄タイムスを知っている方が見れば、映っている人物を特定できるかも知れませんね。

最後に映し出されるのは海洋博の開会式を中継するテレビの画面。こうして戦後初めて、皇族をむかえてイベントが沖縄で開催されたわけです。って、さすがに8ミリでは深いレポートはないのですが。

 

(文:真喜屋力)

▲プレスルーム(沖縄タイムス社)の室内と思われるカット(クリックで拡大)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*