【FILMS】海神祭 糸満ハーレー

糸満ハーレーの祝祭っぷりがストレートに現れた美しく鮮やかな映像です。

N0. 1463-03
撮影者 : 山里景吉 (Keikichi Yamazato)
タイトル:海神祭 糸満ハーレー

本編時間: 7m4s
主なロケ地 : 糸満漁港 (沖縄県糸満市糸満)
撮影時期 : 1971年ごろ
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : Frame by Frame
*********************************
主なロケ地表示(Google Map表示)
糸満漁港

冒頭に映る守礼の門のシルエットは、タイトルバックみたいなもので、糸満ハーレーとは関係ありません。本題は2カット目の横断幕から。

▲糸満町と表記されている。復帰前の映像か?

 

横断幕には「糸満町」と書かれています。糸満市が市制を引いたのは1971年12月ですから、この映像は1971年6月以前の撮影と言うことになります。復帰以前の糸満ハーレーということです。

またこのフィルムには全員黒人の米国人チームが漕ぐハーレーも登場しますが、これは田の8ミリフィルムにも映っていて、選手の服装(私服)や、背後に見えるマーラン船などの配置が同じに見えることから、ほぼまちがいなく同一に知事の映像と思われます。

マーラン船について糸満市に問い合わせると、1970年、1972年、1977年のハーレーの際に寄港したようだと、聞いています。だとすれば復帰前の1970年の映像と言えそうですが、前述のたのミリフィルムには、1970年8月に生れた赤ちゃんが映っており、フィルムの箱にも昭和46年(西暦1971年)と書かれているため、今回のフィルムも1971年として問題ないと思います。

マーラン船の寄港の記録については、調査する必要があるかも知れません。

» 糸満ハーレー1971 | 沖縄アーカイブ研究所

▲別のフィルム(No.0666-04)との対比。手前の米国人チームの服装などが同じに見える。(クリックで拡大)

本フィルムの状態は非常に良好で、好天に恵まれていることもあって、非常に鮮やか。撮影者の技術も高く、撮影位置をかえながら、被写体に迫って撮っているので、たいへん見ごたえのある映像が楽しめました。

▲サバにの上でエキサイトするおばちゃん。

またこれも別のフィルムにも映っていますが、アトラクションとして水上スキーの場面を見ることができます。狭い漁港内を走り回るモーターボートとスキーヤーの姿が圧巻です。

▲豪快な水上スキーの場面。

↓ 水上スキーが映っている糸満ハーレーの映像はこちらのリンクから。

» 糸満ハーレー 1969 | 沖縄アーカイブ研究所

レースの風景はもちろんですが、カチャーシーを踊るオバアや、米国人観覧者など、応援風景も楽しい一見の価値ある映像です。

(文:真喜屋力)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*