【FILMS】与那原テック

沖縄の伝説の遊園地「与那原テック」の映像。フィルムの状況も良く遊園地の楽しい雰囲気が伝わります。

 

N0. 0677-05
撮影者 : 金城真助 (Shinsuke Kinjo)
タイトル:与那原テック
Yonabaru Tech

本編時間: 3m21s
主なロケ地 : 与那原テック (沖縄県与那原町字与那原)
撮影時期 : 1975年以降
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : Frame by Frame
*********************************
主なロケ地表示(Google Map表示)
与那原テック(現 マリンタウンゴルフ)

 

1966年に開園し、20年間営業しつづけた与那原テックは、当時の沖縄で最も魅力的な遊園地の一つでした。なんというか名前もみらい的でかっこよかったと言うのがあるかも知れません。

今回の映像は東京光音にてデジタル化された高解像かつ色補正も行った画面だけにかなり精彩です。もちろんフィルムの保存も良好の逸品。

冒頭に映し出されるのは観覧車。小さいながらも高台にある与那原テックの中でも、特に高所に設置され、中城湾の絶景が見られる乗り物でした。中城湾の絶景が気になる方は、下のリンクも参章ください。観覧車の背後の山頂から撮られた中城湾を見ることができます。

そう言うと「乗り物に乗らなくても歩いて昇ればもっと上から景色が見られるのか」などと言いたくなりますが、いやはや観覧車だから楽しいということもあるのです。

» 【FILMS】与那原テックにて初日の出 | 沖縄アーカイブ研究所

またこの観覧車のゴンドラは金武町にある不思議なカフェ。ゴールドホールに元オーナーであり、キングタコスの創始者でもある故儀保松三さんのコレクションとして保管されているという情報がDEEokinawaの2014年の記事に写真付きで出ています。ただし、8ミリふぃるむのそれと、コレクションの写真では形が違っているように見えるところから、今後の検証作業も必要かも知れません。

» ぼんさいカフェゴールドホールの秘密の鍾乳洞 | 沖縄B級ポータル DEEokinawa

 

▲遊園地を見下ろす丘の中腹にある観覧車

観覧車、ゴーカート、ジェットコースターなど乗り物が充実した与那原テック。リュミエールの映画のように列車が到着する場面があります。なかでも機関車の乗り物は、鉄道がない沖縄の子供たちには人気だったと言います。

実は下記のリンク先にある週刊レキオのサイトに、監査役として与那原テックの設立に関わった永山盛幸さんのインタビューがあり、列車「義経号」についても語られています。ぜひあわせてお読みください。

» 思い出の遊園地に迫る!? | 週刊レキオ ~LEQUIO WORLD~

 

▲到着した「義経号」の勇姿。

ちなみにこの義経号、お客さんが自ら客車の鍵を開け閉めするというユニークなシステム。その衝撃の瞬間がしっかりと映っています。現代の安全対策では許されないところですが、まあこれも一つの体験として思い出になることでしょう。

あわせてお母さんの緑のチューリップハットも時代のアイティムですね。

与那原テックの映像は、今後も公開いたしますのでお楽しみに。

(文:真喜屋力)

 

▲乗客が自らドアをロックする決定的瞬間。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*