【FILMS】発電船ジャコナと水上スキーショー

米軍むけの娯楽イベントと思われる「水上スキー」の映像に、偶然にも映りこんだ発電船ジャコナ。発電船は、戦後復興の中で、たりない電力を補填するために沖縄に停泊していたもので、動画で見るのははじめて。一瞬ですが貴重です。

N0. 1132-00
撮影者 : 遠藤保雄 (Yasuo Endo)
タイトル:発電船ジャコナと水上スキーショー
Power plant ship JACONA and Water ski show

本編時間: 8m25s
主なロケ地 : 北谷の海岸 (沖縄県北谷町)
撮影時期 : 1959年晩夏
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : Frame by Frame

看板や観客の様子から見ても、アメリカ軍の基地内の主催で行われたものと思われる水上スキーのショー。基地内の情報誌などのバックナンバーがあれば、商才がわかるかも知れません。

行列を作って走ってくるアメリカの自動車を見ていると、どこの国の映像かわからなくなります。

2カット目に唐突に登場する船が、発電船のジャコナ号(Power Plant Ship JACONA)。

1954年に琉球電力公社(REPC : Ryukyu Electric Power Corporation)がスタートし、民間にも発電、送電が行われたが、その後電力が不足となったため、急場をしのぐため、1955年にこのジャコナ号が導入された。

» 琉球電力公社 | ウィキペディア

当時の牧港発電所の姿は、本アーカイブでも下記のページで見ることができます。

» 【FILMS】米軍のヘリからの空撮 | 沖縄アーカイブ研究所

 

Power plant ship JACONA
▲北谷の停泊地に係留された発電船ジャコナ号。

 

▲日本とは思えない、50年代アメ車の大行列。

 

本題の水上スキーショーも、様々なパターンが披露されていて、なんとなく眺めていても楽しめます。

このような米国人向けのイベントは、基地内外で行われていたのでしょう。沖縄の人々の生活とは違う、別の文化が重層的に沖縄には存在していたことを実感します。

アメ車のデザインや当時のファッションなど、何気に分析市街のある映像化も知れません。

(文:真喜屋力)

 

 

▲会場となった北谷の海岸。観客はほとんど米国人。

 

▲次々と披露される水上スキーショー



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*