【FILMS】沖縄館建設記録/事故

1975年の海洋博のパビリオンが急ピッチで建設される中、トラブルも起きていたことがわかる映像。現場は沖縄館の建設現場です。

N0. 0180-00
撮影者 : 富盛貞夫
本編時間: 3分21秒
主なロケ地 : 沖縄海洋博覧会 (沖縄県本部町)
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : スーパーダビング8

沖縄館の建設現場で、クレーン車が尻餅を着いている様子が記録された映像です。けっこう大きなクレーンだけに、ひっくり返った姿も迫力があります。負傷者などいなかったのか気になります。

ひっくり返ったクレーン車は、これからコンクリートを流し込むであろう床部分の鉄筋を押しつぶしており、作業のやり直しで遅延もそうとう出たのではないでしょうか。

クレーン部分もネジ曲った箇所のアップなど映されており、衝撃のものすごさを感じさせます。

この件がニュースになったのか、内々で処理されたのかは、現時点ではわかりませんが、華々しい歴史の影で危険と隣り合わせで工事をしている現場の苦労がかいま見えます。

フィルムの最後の方には、工事中の廻りのパビリオンが映り出されます。海洋文化館、三菱未来館。その反対側には国際館などの鉄筋が組まれているのがわかります。

▲沖縄館から見た海洋文化館と三菱未来館の工事現場(クリックで拡大)

(文:真喜屋力)

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*