【FILMS】子供の旗頭 糸満市座波の綱曳き

沖縄には三大綱曳きと呼ばれる大きな綱曳きの他にも、いろいろあります。糸満市の座並にも大綱曳きもその一つ。ここでは綱曳きにまつわるささやかな記録です。

N0. 0688-03
撮影者 : 金城真助
本編時間: 4分18秒
主なロケ地 : 座波公民館前 (沖縄県糸満市座波)
撮影時期 : 1971年9月
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : スーパーダビング8

名前の書かれた小さな旗頭を持った男の子が映っています。旗頭は通常は綱曳きの東と西のチームごとにあるか、集落単位で掲げられるもの。この様に個人で旗頭を持っているのは、珍しい光景です。

撮影者にこのことを聞いてみると「このような旗頭はみんなが持っているものではなく、作りたい人が作っていた。この旗頭も、自分がこどものために作ったもの」と言う返事。また子供の年齢とかそういう生年祝い的なものでもなく、作りたい人が作っていたそうです。

これは風習として昔からあったのか、今も続いているのかというのは、奥様の意見とも食い違うところがあり、よくわかってはいません。

実際に、映像には他の”子供旗頭”は映っていないので、これをすぐに座波の風習とは断定できませんが、ユニークな記録として残していきたいと思います。

(文:真喜屋力)

▲撮影地は糸満市座波の現在の公民館前。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*