【FILMS】玉城 大里城址公園など

大里城趾公園の展望台から眺めた風景に始まり。旧玉城村の方向へ南下していく風景。何気ない車窓の風景がじんわりときます。

 

N0. 0822-00
撮影者 : 久場良信 (Yoshinobu Kuba)
タイトル:玉城 大里城址公園など(南城市)

本編時間: 4m50s
主なロケ地 : 大里城址公園など (沖縄県南城市玉城大里)
撮影時期 : 1960年中ごろ
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : Frame by Frame

時代はハッキリしませんが、映っている内容と、撮影者の他のフィルムと比較して1960年代中期と思われる映像です。フレームまわりにゴミがかなり付着していますが、おそらくカメラ内に溜まったゴミと思われます。

大里城趾公園の展望台から映像が始まります。

▲大里の展望台(現在は立て替えられている)

 

▲展望台から見た馬天、佐敷、知念半島(クリックで拡大)


▲展望台の位置

 

目を引いたのは展望台の手摺り部分。望遠レンズで奥行きを詰めた画面なので、少し強調されていますが、地形に合わせてかなり凸凹な形が作られています。コンクリートのようですが、型枠を作った職人たちの苦労を考えると改めて感動してしまいます。

 

▲複雑な地形に合わせたコンクリの手すり。

 

後半、車は南に向かってドライブするのを車窓からの風景を写しだします。人や車、集落とすれ違いながら、あちこちの風景が映し出されるので、Googleストリートビューなどで経路を辿ってみたら楽しいと思われます。

▲後半は南下する車窓の映像が心地よい。

 

中でも特徴的なバス停の交差点。車通りがないわりに、広くとられています。右端の建物には「○○原出張所」と書かれている事も考えると、親慶原の交差点であろうと思われます。

他にも近隣の島などいろいろ写っているので、現在どうなっているのかを捜してみてください。

(文:真喜屋力)

▲親慶原と思われる交差点。(クリックで拡大)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*