【FILMS】パイナガマビーチの撮影会

宮古島の映像です。海辺でポーズをとる女性たちと、シャッターを切るカメラマン。その様子を眺める8ミリカメラ。非日常的なシュールな風景です。

N0. 0381-01
撮影者 : 吉浜昇
本編時間: 5分50秒
主なロケ地 : パイナガマビ-チ,池間公民館 (沖縄県宮古島市)
撮影時期 : 1978年ごろ
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : スーパーダビング8

 

いわゆる「モデル撮影会」の様子だと思われる映像。撮影場所は最後に看板が出てくるので、宮古島のパイナガマビーチでまちがいないでしょう。水着を着たモデルたちが、夏の海でポーズをとり、大勢のカメラマンが写真に収める様子。それを横から8ミリカメラで撮影している状況でしょうか。

▲最後に映る看板が、まるでタイトルのよう。

 

▲海辺でポーズをとるモデルの皆さん。

 

撮影者の話では、被写体となっているのは「ミス宮古島」の女性ということでしたが、ポーズなどに慣れているところを見ると、プロのモデルの方たちではないでしょうか。

▲不思議なツーショット。

ただし「撮影会」と思ったものの、集まっている人々でカメラを持っているいる人は少なく、ほとんどが野次馬であることが一目瞭然。おっちゃんから、子供まで、カメラのすぐそばに立って撮影を眺めているので、モデルさんはやりにくかったのではないでしょうか。ひじょうにおおらかな撮影会であったようです。

(文:真喜屋力)

▲やたらと野次馬が集まっている。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*