【FILMS】万座ビーチのジャンボマックス

1973年に大人気テレビ番組『8時だよ!全員集合』で有名になったジャンボマックス。巨体に似あわず身軽に動く姿が愛らしく、大人気のキャラクターでした。そのジャンボマックスが沖縄の万座ビーチのイベントに出演したときの珍しい映像です。

N0. 0753-02
撮影者 : 匿名
本編時間: 2分40秒
主なロケ地 : 万座ビーチ (沖縄県恩納村瀬良垣)
撮影時期 : 1974年ごろ
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : スーパーダビング8

ジャンボマックスはレコード「ジャンボ・マックスの唄/嘆きのマックス」で歌手デビューもしています。この8mm映像では、マイクの前で唄い踊っていることから、このレコードが発売された1974年4月以降の映像であると思われます。

それと一緒に出ている普通サイズのキャラクターがいますが、これは”ロココ”、”モコモコ”、”ワル”という名前のようです。

ジャンボマックスに関する詳細な情報は以下のリンク先などをご覧下さい。

» ジャンボマックス | wikiペディア
» 8時だョ!全員集合に出ていた『ジャンボマックス』って覚えてる?|ミドルエッジ

▲マイクの前で話すジャンボマックスと、モコモコ(右端)

 

▲スカートをはいて女装するジャンボマックス。

 

▲司会のお姉さんと比べると大きさがわかる。

 

▲ジャンプしているジャンボマックスと、右の青いのがロココ。

 

ロケ地について

万座ビーチは現在もある老舗的な恩納村のリゾート地ですが、このころは大京観光の運営で、大京ランド万座ビーチという名前だったようです。

▲万座ビーチ

 

余談ですが台湾の神様

台湾で七爺八爺という祭があり、その時の神様が、ジャンボマックスを彷彿させます。

私がこれを始めて見たのは、この動画よりも狭い商店街の道で、爆竹の煙の向こうから道路を塞ぐようにして迫ってくる異様な巨神に圧倒されつつも、ジャンボマックスを思い出したのでありました。

動画にあるように、歩きながら腕を振る仕掛けが良くできていて、ひじょうにリアルな感じがします。これがジャンボマックスの元祖というわけではありませんが、大きなものに憧れたり、畏怖したりする心が、国籍や時代を問わずに魅力的なのかも知れません。

(文:真喜屋力)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*