【FILMS】玉陵 竣工式

玉陵(たまうどぅん)関連の8ミリ映像

  1. 石造の獅子 模造製作の型取り
  2. 石造りの獅子 設置風景
  3. 玉陵 竣工式
  4. 玉陵 尚家歴代の墓陵 パケット車

1977年11月24日、3年におよぶ修復工事が終了し、竣工式が行われました。獅子像の除幕式など、その式典の映像記録です。

N0. 0112-03
撮影者 : 遠藤保雄
本編時間: 10分13秒
主なロケ地 : 玉陵 (沖繩県那覇市首里金城町)
撮影時期 : 1977年11月24日
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : エリアルイメージ方式

当時の沖縄タイムスの記事をみると、竣工式ではなく「修理完成落慶式」と書かれている。映像の中にも、看板と招待状で両方の表記がかかれているので、同じ式典と解釈できる。

▲式次第には「竣工式」と書かれている。

 

▲招待状には「落慶式ご案内状」の文字

また前述の沖縄タイムスでは、元沖縄タイムス副社長、会長を務め、県の文化財の保護、芸能の振興に尽力した豊平良顕のコメントを載せている。

「終戦直後は、これまで復興出来るとは想像もできなかった。」と感慨深げ。「戦後文化行政が強化するに従い玉陵が優れた石造建築物として認められた。沖縄の歴史の”あかし”となる県民共有の文化遺産だ。この認識を持って保管に最大の努力をはかって欲しい」と話していた。(沖縄タイムス 1977年11月25日)

このような文章を逆に読めば、戦後の破壊の状況の激しさ、すべてを失った時の憤りのような感情が想像できる。加えて、そこから様々な文化財が復元され、現在に至ることに感動すら覚えてしまう。

(文:真喜屋力)

▲式典会場となった玉陵。(クリックで拡大)

1 Trackback / Pingback

  1. 【FILMS】石造の獅子 模造製作の型取り – 沖縄アーカイブ研究所

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*