【FILMS】大城青年会 エイサー

南城市大里の大城(うふぐしく)の青年会エイサー。大城区の公民館前かと思われたが、風景が違うので、もしかしたら大里以外の地域に遠征したときの映像化も知れない。詳細な撮影年月日も不明だが、繋がれていたリールの映像が’70年代前半から中ごろまでの映像なので、その時期の映像ではないかと思われます。

N0. 0159-05
撮影者 : 真境名敏夫
本編時間: 4分29秒
主なロケ地 : 不明 (沖縄県)
撮影時期 : 1970年代前半
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : スーパーダビング8

旗頭などを観る限りでは、大里村(現 南城市大里)の大城青年会のエイサーであることはまちがいないが、場所はよくわからない。

▲大里大城区の青年会だが、撮影地は不明。

周囲に観客らしき人はあまりいないので、例えば道ジュネー(練り歩き)の前の出発式など、関係者のみの演舞ではないだろうか。またカチャーシーなども行っているので、正式な祭が終わった後の打ち上げかも知れない。

撮影時期は同じリールに編集されている映像が沖縄の日本吹き前後であったことから、これも1970年の初頭のものではないかと思われます。

▲旗に「大城青年会」の文字が読める。
▲カチャーシーで盛り上がる青年会の人々。

(文:真喜屋力)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*