【FILMS】波上宮の結婚式

1969年に波上宮で行われた結婚式と、その披露宴の素敵な映像です。

N0. 0831-00
提供者 : 平良竜次(Ryuji Taira)
タイトル:波上宮の結婚式
Wedding at Naminoue Shrine

本編時間: 29m16s
主なロケ地 : 糸満の実家,波上宮,南洋会館 (糸満市,那覇市)
撮影時期 : 1969年6月10日
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : Frame by Frame
*********************************
主なロケ地表示(Google Map表示)
波上宮

冒頭は糸満市の喜屋武にある沖縄風の家屋に、なんとも場違いなまでに華やかなウェディングドレスの花嫁がやってくるところから始まります。

▲糸満市喜屋武の集落にウェディングドレスの花嫁登場。

さらに映像は教会ではなく神社の階段を上る花嫁の姿を映し出します。現在はブライダル関係は充実していると言うか、いわゆるチャペル風であったり神道風であったり、さまざまなサービスがありますが、キリスト教徒でもない限り、チャペルで結婚式と言うのはそうそうなかったのでしょう。衣装と形式のギャップが、時代を映し出しているということでしょうか。

▲神社の階段を抜けて式に向かう花嫁たち。

ここで懐かしい風景として、波上宮の建物はもちろんですが、参道の途中にあった「いづみ写真館」は必見でしょう。その他、波上宮の頂上から見た那覇市の眺望も見どころです。当時は泊港北岸は整備されておらず、ゴミ焼き場があったので、古い写真を見ると必ず映っている白い煙がたなびいているのが見えます。

 

▲波上宮の怪談の途中にあったいづみ写真館では結婚、七五三、お正月など、様々な記念写真が撮られてきました。

 

▲波上宮から見た那覇の北側。煙は泊港北岸にあったゴミ焼き場のもの。

 

▲神社で洋装の新郎新婦、という不思議な光景。

その後は披露宴会場に場を移して、様々な出し物が披露されます。場所は南洋会館という貸しホールで、与儀の警察署の裏あたりにあったようです。

(文:真喜屋力)

 

▲披露宴は与儀にあった南洋会館で行なわれた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*