【FILMS】那覇大綱挽き(My family)

国道58号線ではなく、沖映通りで行われた1977年の那覇大綱挽の映像です。泊港周辺の映像が映り込んでいるのもユニーク。

N0. 0956-07
撮影者 : 外間宏三 (Kouzou Hokama)
タイトル:那覇大綱挽き(My family)

本編時間: 9m9s
主なロケ地 : 沖映通り (沖縄県那覇市)
撮影時期 : 1977年10月10日
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : Frame by Frame

 

那覇大綱挽のメイン会場と言えば、国道58号線の久茂地交叉点と言うのがお決まりですが、一度だけ沖映通り(現 ジュンク堂那覇店前)で行われていて、その様子が映った8ミリ映画もいくつか出てきております。之もそのうちの一本。

“泊”の旗頭をフォローしており、泊港前を行列が移動していく姿が冒頭に映っています。

その際にチラリと映るのが下の画像にある「レストランみなと」。泊港ターミナルビル(現 とまりん)の場所にありました。うろ覚えですが、このあとファストフードのロッテリアに成っていたような気がします。

 

▲泊港前の国道を行く旗頭行列。ターミナルビル脇にあった「レストランみなと」が見える。

またこの場所は1973年に陥没事故を起こした場所でもあります。再建された4年後の映像ということになります。

やがてメイン会場に到達すると、背後にダイエー那覇店”ダイナハ”(現 ジュンク堂那覇店)が映って見えます。

また道の奥に沖縄三越と那覇タワーも見え、在りし日の那覇のランドマークを見ることができます。

 

▲背後に見えるのはダイエー(現 ジュンク堂)

 

▲通りの向こうに沖縄三越と那覇タワー。

 

望遠レンズを多用しているため、全体の雰囲気が伝わりにくいのが残念ですが、ところどころに特徴的な瞬間が映し出されます。綱の太さや、仕度(綱の上で演舞をする芝居)の扮装など、もっとも目立つところでしょう。

他にもおもしろい発見があるかも知れません。

(文:真喜屋力)

 

▲綱の太さはやや細目に見えます。

 

▲仕度の若者。

 

▲熱狂的な雰囲気が伝わってくる望遠レンズに因る映像。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*