【FILMS】丸市ミートと牧志界隈

那覇市牧志の肉屋「丸市ミート」の屋上から撮影された風景と、店内の映像です。沖映本館や沖縄山形屋、国最ショッピングセンターなどの懐かしい建築。アーケードのない市場本通りの映像など。

N0. 0194-02
本編時間: 4分17秒
主なロケ地 : 丸一ミ-ト,市場本通り (沖縄県那覇市牧志)
撮影時期 : 1975年12月
撮影メディア : 8mm Film
スキャン方式 : スーパーダビング8

唐突に俯瞰で映る沖縄県那覇市の市場本通り。国際通りのドン・キホーテの脇から入るアーケード街ですが、この時期はまだアーケードがありません。道に沿って走る水上店舗の壁面がパンショットで映し出されます。

このフィルムは全体的に望遠レンズで撮影しているようで、画角がたいへん狭く、場所の雰囲気がわかりにくいので、下にパノラマ化下画像を貼り付けておきます。

 

▲屋上から見下ろした市場本通り。(クリックで拡大)

 

続いて映し出されるのは、沖映本館。沖縄の映画館の老舗ですが、このころは沖縄芝居の小屋として活躍していました。壁には沖映本館のマークと、松竹のマークがついていました。

 

▲沖映通りの名前の由来になった沖映本館。(JR九州ホテル ブラッサム那覇)

こちらもパノラマ化した画像を作りました。下の画像をクリックしてみてください。

▲丸市ミートの屋上からの映像だろうか(クリックして拡大)

 

続いて映る沖縄山形屋の壁面には、シチズンの時計看板があり「海洋博あと?日」と書かれています。フィルムの箱には1975年12月と書かれていたことから、すでに海洋博は始まっているため、カウントダウンがされていないのでしょう。

 

▲沖縄山形屋の壁面には海洋博とシチズンの広告。

後半は丸市ミートの店内の様子や、通りを映した店の前のショット、再び屋上から見たパンショット(今度は標準レンズの画角)などもあります。すぐ隣の平和通りの映像は、たまに出てきますが、市場本通りの映像はあまりないため、意外に貴重かも知れません。

(文:真喜屋力)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*