東京国立近代美術館フィルムセンターの大傍正規研究員を迎えて、フィルムの保存に関するセミナーを開催します。高温多湿の沖縄県におけるフィルムの保存と将来についてヒントをいただけると思います。

平成28年度 沖縄県文化振興会文化活性化・創造発信支援事業
デジタルアーカイブ・セミナー

「映画フィルムの適切な保存と利活用
〜カタロギング・著作権・デジタル化〜」

講師:大傍正規 (東京国立近代美術館フィルムセンター研究員)

image日本の映画保存の中心的存在である、東京国立近代美術館フィルムセンターの大傍正規氏を迎え、フィルム保存の現在と、デジタル化や許諾問題など、これからのアーカイブに必要素されるスキルについてお話しします。
期日:2016年9月29日(木)
14:00〜16:00
会場:那覇市てんぶす館
会議室1、2(3階)
参加費:無料
定員:30名
主催:株式会社シネマ沖縄
支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会
定員がございますので、参加ご希望のかたはメールにてお名前と連絡先を添えて下記メールアドレスまでご連絡ください。

■参加申し込み↓
info@okinawa-archives-labo.com
■セミナーについてのお問い合わせ
株式会社シネマ沖縄(担当:真喜屋、仲間)